GDA ホーム |問い合わせ |サイトマップ |サイト 情報 |個人情報ポリシー
Japanese

ホーム / GDA™ について

GDA™について

技術開発資金は、一部をオーストラリア政府より、残りをOpal Producers Australia Limited (O.P.A.L)が提供し開発されました。

O.P.A.Lは、画像取込分析およびコンピュータ・エンジニアリングのプロジェクトを実施する目的でCSIROと契約を結びオパール特性解析の実行の為、GDA™にこの技術を組み込みました。

O.P.A.LはGDA™技術用ハードウェア機器を開発する為にApplied Robotics Pty Ltdとも契約を結びました。Applied Robotics社は、オーストラリアに本社を置くロボット工学分野において業界をリードする専門会社です。

これまでオパール鑑定は、古典的かつ主観的で一貫性のない工程でした。何故ならばオパールは、その色特性の範囲が特有である為に群を抜いて最も評価が難しい宝石用原石だからです。オパールが光を反射して放つ「閃光」や、動かしたり回転させたりした時の色彩などの色品質は、見る人の視覚や照明の状態により変わります。

オパールの色に関する鑑定士の評価、つまりその色彩の輝度とオパール表面上の個々の色の部位についての評価を人が数値化するのは、熟練したオパール鑑定士にとってさえも非常に難しい仕事であり、そのために一貫した等級付けを行うのは不可能な事です。

この新しいGDA™技術は、客観的一貫性と信頼できる等級付結果を可能にしオパールのブランド化を実現しました。人間が鑑定を行う事による問題点を克服する為に特別に開発したソフトウェア分析および自動装置と共に、制御された環境における画像取込システムを採用しています。

GDA™の等級付技術により等級付をされたプレシャス・オパールの原石は、等級を詳述した鑑定書に一致し、同鑑定書により認証済みの等級が与えられます。

GDA™により認定された全てのオパールはOpallia™ブランド製品となります。その結果、鉱山労働者からエンド・ユーザーまで世界のオパール・サプライ・チェーンの全関係者に対する需要を高め、信用を向上させる事が出来ます。



 
GDA™ は右の組織により支援されています。:
Opal Producers Australia Limited