GDA ホーム |問い合わせ |サイトマップ |サイト 情報 |個人情報ポリシー
Japanese

ホーム / オパールとは/市場販売の準備

Prepre for market

市場販売の準備

オパールを発見する

オーストラリア内陸の広域にオパールが眠っている土壌があります。オパールの成形は、1億年以上前の恐竜時代に形成された白亜紀堆積物内で始まったと考えられています。これらオパールの希少性は、理想的な鉱山を発見するまで何ヵ月も何年も費やして、岩石の塊の下にある色彩の閃光を求め、鉱山労働者たちが広大な地域を採掘するという事から明らかです。そしてついに苦労して注意深く採掘したのち運が良ければオパールを発見、発掘が出来るのです。

発掘の過程

オパールの発掘は、個々の鉱山労働者または小規模な鉱山労働者の組織が行います。オパールを含む堆積物(土砂)は、地下坑内での掘削または露天掘りにより採取されますが一般的に地表から30メートル以上の地下から採取される事は有りません。

粘土や砂岩の堆積物から宝石原石を取り出す為に多くの処理方法が用いられています。採取された精製素材は手で選別され、良質なオパール原石となるかもしれない色の閃光を頼りに見つけ出します。これが見つかるのは稀であり、通常は手選処理された原料のごく一部からのみ発見されます。

カッティングと研磨

オパールのカッティングと研磨は非常に専門的技術を要求される仕事です。原石はそれぞれ固有の色彩の景観を見せている為、それぞれのオパールの魅力を高めるには、高度な芸術的センスとマスター・カッターを理解する事が必要です。この作業は、荒削りの素材の可能性をプレシャス・オパール原石に変貌させる事を任された、非常に熟練したオパール職人が小さな工房で行ないます。

GDA™ は右の組織により支援されています。:
Opal Producers Australia Limited